BUTAの旅行記2005九州 1日目

中部国際空港〜佐世保〜ハウステンボス


日程
中部国際空港(セントレア)8:55 → 10:20長崎空港11:30 →(西九州自動車道)→ 12:40弓張岳展望台(昼食)13:30 → 14:30ホテル → 14:50ハウステンボス(夕食) → 20:30ハウステンボスジェイアール全日空ホテル(泊)



中部国際空港
(長崎行きの飛行機)


 自宅から中部国際空港までは自動車で。空港内の駐車場は高いので、ニワパーキングという空港周辺の駐車場へとめています。2泊3日で4000円でした。空港内のレストランで朝食をとりました。
 写真は長崎行きの飛行機です。ジャンボジェットに比べるとかなり小さいですが、プロペラ機ではありません。

長崎空港
 10:20長崎空港着。
 荷物か出てくるまでに時間がかかり、さらに空港内のニッポンレンタカーのカウンターがまた行列でした。他社のレンタカーのカウンターは、全く並んでいませんでした。レンタカーは別ルートで他社を予約した方が早く空港を離れることができるかもしれません。 その分、代金が高くなってしまいますが。
 カウンターでの手続きが終わっても、送迎のマイクロバスが来るまでまた待ちます。結局全部で1時間以上かかりました。



弓張岳展望台から見た九十九島


 大村ICから長崎自動車道に入り、さらに西九州自動車道を通って佐世保につきました。
 12:40弓張岳展望台到着。ここから九十九島が見えます。「つくもじま」ではなく、「くじゅうくしま」と読むそうです。湾の中にたくさんの島が見えます。

弓張岳展望台から見た佐世保港


 見る方向を少し変えると佐世保港も見えます。数ヶ月前に「釣りバカ日誌16 浜崎は今日もダメだった♪♪」のロケが長崎県の各地で行われたそうです。この弓張岳展望台でもゲストの久保田達也(金子昇)が交際相手の河口美鈴(伊東美咲)にプロポーズする場所として使われました。

佐世保港のイージス艦と護衛艦
 佐世保港はかつて軍港であったため、戦前は弓張岳に登ることが許されませんでした。スパイ活動と見なされたんだと思います。
 今でも海上自衛隊やアメリカ軍の艦船が停泊しています。2隻の護衛艦に挟まれるように、イージス艦が停泊しているのが見られました。 以前懸賞で当選し、清水港で行われた海上自衛隊のイベントで護衛艦「むらさめ」に乗船したことがあります。 今ではオープンなんですね。これらの船は全部ガスタービンエンジンで動いているため、かなり高速で進むことができます。
 展望台駐車場近くにあるレストランで昼食にしました。



ホテルオークラJRハウステンボス



 14:30ホテルオークラJRハウステンボス(当時はハウステンボスジェイアール全日空ホテル)到着。 このホテルはハウステンボスに隣接しています。ANAのツアーでは、アーリーチェックインが可能でした。チェックインをすませ、荷物を部屋へ運んでおいてもらうことにしました。ここからハウステンボス(HUIS TEN BOSCH)へ入国です。

ドムトールン周辺


 まわりの景色やいくつかのアトラクションを楽しみながらユトレヒトをめざします。ハウステンボスで一番高い塔ドムトールンへ上りました。高さ105mだそうです。

ドムトールンからJRホテル方向


 ドムトールンの展望台からの眺めです。先ほどのホテルが小さく見えます。こんなに歩いたの?という感じでした。

ホテルヨーロッパ


 真下にはホテルヨーロッパが見えます。 ハウステンボス内のホテルの中では一番リッチなホテルです。中を見るだけでもしておけばよかったと後悔しました。

フォレストヴィラ


 その奥の方向には、小さなコテージ風のフォレストヴィラがあります。 小さな森や湖に囲まれて、大きなホテルとはまた違った魅力があります。ここも泊まってみたいところでした。

カナルステーション


 とりあえずドムトールンをめざしてきたのは、このすぐ下にカナルステーション(クルーザーの発着場)があるからです。このツアーのスペシャルイベントとして、スカイホリデーオリジナルクルーズがありました。ここからハウステンボス内一周のクルージングを無料で楽しむことができます。

他の船とすれ違い


 16:50クルージング開始。場内の水路を1周します。途中で海にも出ます。ハウステンボス内の水路と海とでは水面の高さが違います。そのため、2つの水門の間に一度船を入れ、水を入れたり出したりして水面の高さを変えてから進むという、とっても面倒な方式をとっています。

ホテルの近く


 船はホテルの近くも通りました。船でハウステンボス内を1周するのはとても楽ちんです。

船からの眺め


 まるで外国へ来たかのような風景です。
 直前の土日にはヨットの大会が開かれたため、このあたりには多数のヨットが係留されていました。

船からの眺め


 風車のシルエットがきれいです。だんだん夕暮れが近くなってきました。18:00ごろ下船しました。

ハウステンボス内の建物


 赤い屋根の建物がいくつも建っています。これは何かのショップです。こんな感じの建物で統一されています。

 ラフレシールというお店でチーズケーキを購入し、あとでホテルで食べることにしました。でも実はこれも計画のうちです。

水上スキーのショー


 先ほどのカナルステーションの近くで野外アトラクションが始まりました。水上スキーのショーです。

ハウステンボスの夜景
 レストランで焼き肉の夕食をとっているうちに、まわりはすっかり暗くなりました。ドムトールンなど建物のイルミネーションがとてもきれいです。
 20:30ホテルオークラJRハウステンボスに戻りました。ホテル形式のため、家族は2部屋に分かれます。ホテル代はツアー料金に組み込まれているため、追加料金はありません。
 大浴場は、このあたりのホテルでは珍しく天然温泉です。観光客でかなり混んでいて、女湯の方は入場制限がありました。


計画の段階で行きたかったけど
行けなかったところ


 【特にありませんでした】
比較検討したホテル・旅館 ホテルオークラJRハウステンボス
 ハウステンボス駅から3分、園入口まで1分。ハウステンボスを一望できる客室が人気の、かけ流し温泉も満喫できるリゾートホテルです。

ホテルヨーロッパ
 ハウステンボス場内に位置し、海を中庭に持つ国際第一級ホテルです。本格的なヨーロピアンサービスでくつろぎのホテルライフを楽しめます。

フォレストヴィラ
 ハウステンボスの美しい森に囲まれた湖のほとりに建ち並ぶフォレストヴィラは、ゆったりとしたリビングルームと寝室からなるメゾネットタイプのコテージ。ご家族やグループの旅行にぴったりです。

総合旅行予約サイトの楽天トラベルならこちらから


次へ

1日目(佐世保・ハウステンボス) 2日目(長崎市内・湯布院) 3日目(別府・阿蘇山)

BUTAの旅行記2005九州トップ  BUTAの旅行記トップ
Copyright (C) 2001- おこづかい?お小遣い?DREAMCLUB all rights reserved.