BUTAの旅行記2006三重


 数年前に三重県に行ったときはまだ子供が小さかったので、パルケエスパーニャが旅行の中心でした。閉園時刻まで遊べるように、その近くの 伊勢志摩ロイヤルホテルへ泊まりました。
 今回は観光というよりグルメと温泉がメインの家族旅行にしたいと思いました。豪華な料理が格安で食べられ、天然温泉がある旅館があれば最高です。前回行かなかった伊勢神宮やおかげ横丁も行けるように、その周辺の宿を探すことからスタートです。
 前回と違って東海環状自動車道などの整備ができたため、自家用車での旅行が便利です。今回は自宅から車で行くことにしました。したがって予約が必要なのは旅館だけです。

日程
【1日目】
自宅 → 9:20伊賀の里モクモク手づくりファーム(昼食)12:00 → 12:25上野公園(忍者博物館・伊賀上野城)13:30 → 15:30旅館 浜辺の温泉宿 かめや(泊)

【2日目】
旅館9:00 → 9:30伊勢神宮(内宮) → 10:30おかげ横丁(昼食)12:15 → 13:50鈴鹿サーキットモートピア(夕食)18:00 → 自宅



モクモク手づくりファーム入り口

 自宅から伊勢湾岸道路や東名阪自動車道・名阪国道(国道25号)などを通って下柘植ICで降ります。最初の目的地は、伊賀の里モクモク手づくりファームです。
 道路の混み具合にもよるので、時間の予想が難しいです。やっぱり30分以上も早めに着いてしまいました。駐車場にはまだ車が2台ほどしかありません。

 モクモク手づくりファームは、野菜や家畜を飼い、肉や乳製品を加工し、販売しているところです。ウインナーなどの手作り体験もできます。 今回のグルメツアーの最初にふさわしいところです。

 入り口でパンフレットをもらい、それを見ながら足湯に浸かっています。入り口の外側に足湯があるので、10時の開園を待つにはちょうどいいです。足湯のそばには野菜などを売っているショップもあります。


モクモク手づくりファームのパンフ

パンとお菓子の工房とレストラン
 ここはパンとお菓子の工房とレストランです。手作りパンがおいしかったです。レストランのバイキングも魅力的でしたが、今晩のごちそうのためにやめておきます。
 ここ以外にも、ウインナーやチーズ・ジェラート・豚まん・地ビールなどを販売しているショップがあります。 いろいろなショップで少しずついろいろなものを食べることにしました。

もくもく手づくりファーム
 途中の階段にはこんなものが・・・。
「もく2の細道 豚も歩けばブーキロカロリー この階段を歩けば5kcalやせちゃうんだブー」なんて書いてあります。
そういえば途中にあった「ぶたのテーマ館」というショップには、いろいろな豚グッズが置いてありました。ブタ好きにはたまりません。

ミニブタが放し飼い


 モクモク手づくりファームではミニブタが放し飼いにされています。「からまつ」と名前が書いてあるブタはおなかが大きいです。ミニ豚芸が12:30からありますが、次へ行くことにします。壬生野ICから中瀬ICに向かいます。

上野公園の忍者博物館

 12:25上野公園着。
 忍者博物館は忍者屋敷・忍術体験館・忍者伝承館からなっています。どんでん返しなど、いろいろなからくりがある屋敷の説明を、忍者の格好をした係員が説明してくれました。他にも刀や手裏剣など、忍者の道具が展示されています。

伊賀上野城


 13:00そのまま歩いて伊賀上野城へ。城は小高いところにあるので、まわりの景色が楽しめます。
 13:30出発。名阪国道→伊勢自動車道→伊勢二見鳥羽ラインと進んで、早めに宿へ向かいました。


浜辺の温泉宿 かめや


 15:30浜辺の温泉宿 かめや到着。
 予定よりもかなり早めの到着でしたが、チェックインをさせてもらえました。大きなホテルとは違い玄関は小さく、駐車場も狭いです。しかし、かめやは家族にも好評でした。

 第1の理由は夕食です。クチコミ通り、食べきれませんでした。
 三重四大味覚膳コースの夕食の内容は、前菜3種(枝豆、小エビなど)・伊勢エビお造り・鮑陶板焼き・松阪牛ステーキ・ウニ鮑釜飯・天ぷら(エビ、魚、長いも)・ところてん・漬け物・メロンです。
 完食できた人はいません。もったいないと思いつつ残しました。マル特四大味覚膳コースにしなくてよかったと思いました。
 これに別注で岩ガキと、サザエ壺焼きまでつけましたが、つけなくてもボリュームは十分です。ただ、夏なのに牡蠣の生食ができるのは驚いたので頼むことにしました。チェックインの時に注文すればOKです。

 朝食の内容は、伊勢エビみそ汁、卵焼き、のり、味みりん干し、イカ刺身、漬け物です。夕食のおかずを何かひとつ朝食にまわしたいと思いました。

 第2の理由はお風呂です。アルカリ温泉でとてもぬるぬるしています。子供がアトピーで、どの温泉に入っても皮膚がかゆくなりやすいのですが、ここは違いました。普通の温泉とはひと味違うのでおもしろいです。湯船自体はやや狭いものの、客の数が少ないので十分でした。入浴できるのは、夜23:00までと朝6:00からです。24時間ではないのが残念です。

 10畳の部屋は静かで落ち着いていました。窓からは海が見えます。まわりを堤防に囲まれている海水浴場なので、海が広がっているというイメージではありません。

 グルメ旅行にふさわしい食事内容とお風呂でしかも低料金で本当に満足な宿でした。

ウニ鮑釜飯と鮑陶板焼き

伊勢エビお造り

岩ガキ(別注)



伊勢神宮の鳥居
 9:00旅館を出発。30分ほどで浦田駐車場に到着。そこから歩いて伊勢神宮(内宮)に向かいます。
 10:00鳥居の所まで来ると、神宮のすぐ横にある駐車場が見えました。ここでも駐車できるスペースがありました。宇治橋を歩いて渡ります。

 皇大神宮へ行く前に、御手洗場(みたらし)へ行き、五十鈴川の水で手を清めます。口も清めるそうですが、私はやめておきました。
 写真の階段を上りきったところに皇大神宮(正宮)があります。身分によって、どこまで中に入れるかが決まっているそうです。もちろん私たちは一番外側で終わりです。

皇大神宮(正宮)への階段



おかげ横丁の赤福本店
 お参りを済ませたあと、駐車場にもどる途中におかげ横丁があります。ここにはいろいろなお店が建ち並んでいます。もちろんグルメの店もです。

 写真は赤福餅で有名な赤福の本店です。ここでは赤福餅が入っているかき氷「赤福氷」を食べました。店内は客でいっぱいです。冷たい氷の中なのに、何で餅は硬くならないんだろうと不思議です。客の回転がいいので餅は新鮮でした。でも2007年の今は、賞味期限切れ問題で店は開いていないと思います。

 他の場所も人がいっぱいでした。いろいろつまんで食べましたが、しっかりした昼食はとりませんでした。12:15出発です。

おかげ横丁のおかげ座



鈴鹿サーキットモートピア
 伊勢自動車道を進み、津ICで降りて国道23号を行きました。やや車の量はありました、それでもスムーズに進むことができました。
 13:50鈴鹿サーキットモートピア着。
 鈴鹿サーキットに併設されている遊園地です。子供たちは大喜びでいろいろな乗り物に乗ります。私たち大人は、そこまで元気が残っていませんでした。他の遊園地との違いは乗り物系のアトラクションが多いことです。

 近くの回転寿司で夕食をとり、帰路に向かいました。
途中雷雨で高速道路は徐行規制になりましたが、それまでは天気が持ってよかったです。

大観覧車とスーパースカイライダー

ロッキーコースター


計画の段階で行きたかったけど
行けなかったところ

 【赤目四十八滝】
 少し離れたところにあるため、かかる時間がわからないのでやめました。でも十分行けたと思います。次回は必ず行きたいと思います。

比較検討したホテル・旅館 浜辺の温泉宿 かめや
 伊勢志摩が誇る海の幸や松阪牛が味わえるお品書が大人気です。海一望の天然温泉使用の無料貸切露天風呂も好評。温泉貸切露天付浴室は無料。海が庭のような隠れ家的な旅館です。

石鏡第一ホテル 神倶良
 絶景露天風呂とトンビの餌付け体験ができるホテルです。元漁師と海女の味覚が味わえ、活伊勢海老鮑は国産にこだわっています。ゴジラ初出現の地です。

五感の宿 慶泉
 『五感に伝わる・・心のおもてなし』の神代温泉湯元宿です。2016年リニューアルオープンしました。伊勢海老や松阪牛など高級食材の味覚や、天然温泉『湯夢院』『離れ遊湯庵』など大露天風呂が楽しめます。

花の小宿 重兵衛
 もともとは新鮮海の幸を膳に並べる老舗の宿でした。伊勢海老・アワビ・松坂牛の入った宝楽焼きをどうぞ。人気のパワースポット神明神社石神さんのすぐ横です。

総合旅行予約サイトの楽天トラベルならこちらから


BUTAの旅行記2008三重へつづく
BUTAの旅行記2006三重トップ  BUTAの旅行記トップ
Copyright (C) 2001- おこづかい?お小遣い?DREAMCLUB all rights reserved.