BUTAの旅行記2008三重


 前回2006年のときに行けなかったところへ行こうと思い、再度三重へ。
赤目四十八滝とグルメが中心の旅行です。今回は職場の仲間と行きました。

日程
【1日目】
自宅 → 10:40上野公園(伊賀上野城)11:30 → 12:15伊賀肉焼肉レストラン 奥田(昼食)13:00 → 13:30赤目四十八滝15:00 → 17:30旅館 花の小宿 重兵衛(泊)

【2日目】
旅館9:15 → 9:50鳥羽展望台 → 10:40二見浦・夫婦岩 → 11:40伊勢神宮(内宮) → 13:00おかげ横丁(昼食)14:30 → 自宅



伊賀上野城

 昨日からの雨がなんとか上がりました。自宅から伊勢湾岸道路や東名阪自動車道・名阪国道(国道25号)などを通ります。途中事故渋滞があり、予定よりも遅れて上野公園に着きました。
 前回も伊賀上野城には来ましたが、今回はちゃんと中にも入ることにしました。城内には鎧甲などの武具が展示されていました。また、天守閣の天井には、有名な人々の書や絵画が飾られていました。


城内の展示


天守閣の天井



昼食は焼き肉


 宿の夕食が魚介類中心ということで、昼は焼き肉に。松阪牛だと軽く1万越えなので、もっと安くておいしい肉を求め、ネット検索で伊賀肉に目をつけました。
 伊賀肉焼肉レストラン奥田では自前の牧場を持っているので、伊賀黒毛和牛が格安で食べられます。 おすすめはスペシャルランチ。
 おいしさに感激した友人は、まだ1日目だというのにお土産に牛肉を買っていくことに。氷を入れるけど明日までもつのかなあ・・・?

赤目サンショウウオ
 おなかもいっぱいになったところで、少し歩きます。赤目四十八滝は、川沿いの道を歩きます。
 ドライブイン赤目へ駐車して、サンショウウオセンターへ。ここが四十八滝の出発地点です。

赤目四十八滝
 昨日の雨で水量が多くなっています。

赤目四十八滝
  普段をよく知らないのですが、たぶん流れが急です。

赤目四十八滝 千手滝
 この滝は千手滝。
でも、千手になっていません。太い滝が一本という感じです。たぶんこれも雨の影響なんでしょう。
 いつもと違う四十八滝が見られたと思うことにします。

赤目名物 へこきまんじゅう


  名物のへこきまんじゅう。サンショウウオセンターにもどるところにあります。
 バリエーションが豊富で、どれにしようか迷います。でも夕食もあるのでひとつだけにします。


花の小宿 重兵衛
 花の小宿 重兵衛到着。 こじんまりしていますが、建物は昨年リニューアルしたばかりで新しいです。それ以前の「とれたて世古」のときからクチコミの評判がよい宿でした。前回泊まった「かめや」もよかったので迷いましたが、今回は重兵衛さんに決めました。

 さすがに人気があるようで、私たちの他にも何組か宿泊客がいるようで、駐車場がちょっと狭かったです。

 廊下は手すりのところが光るようになっていて、おもしろいと思いました。

 夕食は伊勢エビや鯛のお造り、アワビの踊り焼きなど、新鮮な魚介類中心でおいしかったです。

廊下の手すりが光る

夕食のお造り


石神さん
 重兵衛のすぐ横には石神さんがあります。
よく知らなかったけど、けっこう有名らしいです。女性の願いを叶えてくれるというお守りを売っています。
 朝早い時間の散歩だったので、まだ売っていませんでした。お守りは9時からだそうです。少し歩くと海岸にも出られます。

石神さん

石神さん



鳥羽展望台
 9時過ぎに旅館を出発し、近くの海産物のおみやげ屋さんに。干物を買ったのですが、あまり新鮮ではありませんでした。もう少し伊勢に近い場所で買った方がいいです。

 パールロードを通り、鳥羽展望台によりました。景色がいいです。鳥羽一郎の兄弟酒の碑がありました。

鳥羽一郎記念碑「兄弟酒」


二見浦 夫婦岩
 二見浦の夫婦岩に到着。市営の無料駐車場があるということだったのですが、よくわからず、結局おみやげ物やの駐車場へ入れました。あとでお土産を買えば、駐車料金は無料だそうです。

 昔来たときと比べて、夫婦岩の近くまで行けるようになりました。前はもっと遠くから見たような記憶があります。

 このあと伊勢神宮へお参りし、おかげ横丁で昼食をとりました。

二見浦 夫婦岩

計画の段階で行きたかったけど
行けなかったところ

前回行けなかったところへ行けたのでよかったです。

比較検討したホテル・旅館 花の小宿 重兵衛
 もともとは新鮮海の幸を膳に並べる老舗の宿でした。伊勢海老・アワビ・松坂牛の入った宝楽焼きをどうぞ。人気のパワースポット神明神社石神さんのすぐ横です。

浜辺の温泉宿 かめや
 伊勢志摩が誇る海の幸や松阪牛が味わえるお品書が大人気です。海一望の天然温泉使用の無料貸切露天風呂も好評。温泉貸切露天付浴室は無料。海が庭のような隠れ家的な旅館です。

総合旅行予約サイトの楽天トラベルならこちらから


BUTAの旅行記 三重トップ  BUTAの旅行記トップ
Copyright (C) 2001- おこづかい?お小遣い?DREAMCLUB all rights reserved.